770b2c2529bce8658a5b7db2de15b846

オリックスがここに来てカジノ法案の可決に対して、ビジネスチャンスがあると判断したんだろう。井上社長が大胆なことを言い始めた。

スマフォで遊べる、登録から7分後にプレイ可能!唯一のクレジットカード決済のオンラインカジノ↓↓↓↓                         ↓↓↓↓

オリックスといえば大企業で知らな人はいないぐらい知名度がある会社だ。野球の球団をもったりしているが、実業は何をやっているかご存知だろうか?結構な人たちがメイン事業の答えが違ってくる。

野球、レンタカー、金貸し、保険など多くの事業を行っている。しかし、メインはリース国内シェア首位の会社である。ま、今回の話しではそんなにそこの部分は関係ないですが、多角経営をやっていてお金はあるということを伝わればOKです。

そのオリックスが今、アメリカなどの会社をM&Aをしようとしている。具体的な会社名は決まっていないそうです。

検討中の米運用会社は「独立系でアジアやラテンアメリカに強く、インデックス運用が得意」で企業価値は1500億-2000億円程度と言っている、これは単純にここの会社の何が良いから買収したいというわけではなくて会社の資産を倍にしたいというのが目的だ。

なぜ?そうしたいか?それは日本でカジノが合法化した時に、その産業に食い込んでいきたいからだ。そのために資産もそうですし、IRなのでカジノ以外にもホテル産業などのノウハウも必要。

そういった面で多角経営しているオリックスはそんなに的外れな会社ではない。井上社長はすでにかじの法案は可決することを前提で話しを進めている。これだけの先行投資をして実際カジノ法案が可決しなかったらヤバイとと思う。

しかし、どこかでカジノ法案は可決するという情報か、確信か、自信があったのだろう。オリックスの今後の動向に注目だ。